blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー

2006年 09月 19日 ( 2 )

蛙の串焼きの作り方 koneta

9月14日
バギオ観光。
観光と言ってもあまり見るところはないのだが、本人の希望でマーケットに行くことにした。
f0062870_17103077.jpg

マーケットで見つけた生きた蛙。自分では料理が出来ないが、フィリピン人なら料理は出来る。料理の仕方はいたって簡単。





蛙の串焼きの作り方 誰もつくらないと思うが・・・


〈材料〉
生きた蛙、灰f0062870_17111826.jpgf0062870_17113281.jpg



〈作り方〉
f0062870_17122783.jpg1、首のところに切り込みを入れる。

この時点で蛙さんはまだ生きています。。



f0062870_1713149.jpg2、指に灰をつけ、背中側から足に向けて皮を剥く。

ズボンを脱がせるような感じです。

(灰を付けることにより蛙のヌルヌルした皮の滑り止めになる。)

この時点でも、蛙さんはまだ生きています。



3、串に刺して軽く茹でた後、炭火で焼く。
f0062870_17134386.jpg

                     出来上がり!



f0062870_17143224.jpg

確かに鶏肉に似た味がするが、どうみても蛙の足なので、頭の中で蛙がぴょこぴょこ跳んでしまった。


子供たちは初めて見る蛙の捌き方に興味深々。
f0062870_1714555.jpg

初めは見ているだけでしたが、りかちゃんがチャレンジし始めると、恐る恐る蛙の皮を剥き始めました。

                    残念ながら私は断念・・・
[PR]
by juntobaguio | 2006-09-19 09:23 | 海外生活

床屋さん

淳はフィリピン2度目の床屋

今回はみんなのおすすめで、ショッピングモール「SM」の床屋に行きました。
おしゃれな店内に、理容師さん一人ずつに専用の椅子という豪華さ。
一人に一台だと聞こえは良いが、どちらかというと椅子に専属の理容師 のほうが正しいかも?
椅子の値段より人件費のほうが安いと言ってしまえばそれまで・・・
f0062870_1723363.jpg

お客のいない理容師さんはテレビのボクシングに見入ってました。もちろん、お客のいる理容師さんもお客を見ずにテレビを見ながら仕事をしています。

今回は大きなはさみも出てこなかったので淳は一安心。
頑なに前髪を切るのを嫌がったが、せっかくなのでしっかり切ってもらいました。

仕上げは大人と同じようにブラシで切った髪を払ってもらいましたが、違ったのはそのブラシにベビーパウダーを振られ、首筋が粉だらけになっていたことです。(笑)
f0062870_172557.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2006-09-19 09:15 | 海外生活