blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

かっ、火事!?


けっ、煙いわ! 火事?!
f0062870_9191433.jpg



何やら怪しい人影が!
f0062870_9194229.jpg



あなた! 何持ってんのよ! 機関銃?
f0062870_9201889.jpg



チョット! 何の煙よ?
f0062870_9214162.jpg



キャーーーーーー! 人の家の中にぃぃぃぃぃ!
f0062870_9221576.jpg



ウワァァァァァァ! 家の外にもぉぉぉぉぉぉ?
f0062870_9231437.jpg



煙がぁ・・・ 煙がぁ・・・ 家の中からモクモクと・・・
f0062870_924351.jpg



まだやるのか?
f0062870_925397.jpg



家が煙に包まれてるぅぅぅぅ
f0062870_9273927.jpg











本日、学校内全体の蚊の殺虫剤噴霧、終了!
f0062870_9291515.jpg


      フィリピンは新型インフルエンザより蚊から移される病気の方が怖いらしいゎ・・・
[PR]
by juntobaguio | 2009-11-18 09:31 | MMBS英語学校

友人のお墓参り

少し前の話ですが・・・

11月1日はフィリピンのお盆に当たる 「All Saints Day」 です。
この日は家族や親せきが集まって、みんなでお墓に行きます。 

こちらがフィリピンのお墓です。
日本のように怖いイメージは全くありません。
それよりもさわやかなイメージです。
うちの学生たちは、ここを公園だと思っていた人もいるくらい!(笑)

f0062870_10485056.jpg


さて、話は戻りフィリピンのお墓参り。

それはまるでピクニック。
朝から晩まで食べて、飲んで、おしゃべりして・・・ お墓で!






そして、日本人の私にも今年からお墓参りをする場所が出来ました。
これは全く嬉しくないことなのですが、半年以上経った今はやっと彼女のお墓で泣かなくなりました。

 「時が解決してくれる」 はどうやら本当のようです。


と言っても、やはり1日の当日には行く勇気がなく(彼女のご両親に会うとやはり泣いてしまうから)、31日の疎らに人が来ている日と、2日の誰もいない日に行ってきました。

彼女が大好きだったバギオでお花を買ってのお参りです。

f0062870_10532714.jpg







               苦しかった日々は時が解決してくれたようです。
[PR]
by juntobaguio | 2009-11-11 10:59 | 海外生活

救急の場合

海外に住んでいて一番困るのが病気。
どこの病院にするか、どの先生がいいか… などなど。
特に緊急の時には困ります。

タルラックの救急病院はこちら。「CLDH」
24時間対応してくれます。
f0062870_17142751.jpg

おかげさまで、未だこちらに御厄介になったことはありません。





さて、念のため、緊急の場合をご案内いたしましょう。

まずは入口を入って、すぐにある緊急室(EMERGENCY)へ
f0062870_17145421.jpg


中にはベットが並んでおります。
f0062870_17151646.jpg


患者はこちらに横になって問診。
f0062870_17155264.jpg


外国人の患者が珍しいのか、1人の患者に対して8人の看護学生+ドクターがベッドの周りを取り囲みました。
まるで、何かのお祈りが始まりそうです。(笑)

出ました!
フィリピンの病院特有、無駄にいる看護学生です!





肝心の治療は?といえば、看護婦から手渡された1枚の紙。
薬の名前が書いてあります。

「これを買え!」 ということでしょうか?


病室を見渡すと、壁に無造作に開いている窓口発見!

「ここで買え!」 と
f0062870_17172815.jpg




ここで薬が買えない奴は治療をしない! ということでしょう。

なんだかな~。 フィリピン・・・

f0062870_17181191.jpg

よく見れば、スタッフも無駄にいるな~。
[PR]
by juntobaguio | 2009-07-20 17:18 | 海外生活

子どもの血液検査

月曜日、少し熱が下がりましたので学校に行きましたが、やはり学校から連絡が来ました。

「淳君、体調が悪いそうなんで、お迎えにきてくださ~い。」 ハ~イ!





学校に迎えに行き、そのまま病院へ。
4日間も高熱が続いたので先生と相談した結果、血液検査をすることにしました。

フィリピンでは「デンゲ熱」(デング熱)と呼ばれるちょっと怖い病気があります。


当の本人は熱があるのにも関わらず、新聞のSUDOKUに夢中。
f0062870_1135741.jpg


「血液検査」の言葉にもピンとこなかったのか、検査室に行くまで余裕の表情でしたが、検査室に入った途端、顔が引きつっていました。(笑)

f0062870_11335020.jpg

「ママ! 注射の針の先が、悪魔が持ってる槍の先みたいに三角に尖がっていたヨ!」 と報告。 アリガト!





検査結果が出るまでの30分間は、再びSUDOKUに夢中・・・
f0062870_11341948.jpg



血液検査の結果、デンゲではなくただの風邪。
でも、抵抗力が落ちてきているので、抗生物質を追加されました。
[PR]
by juntobaguio | 2009-06-26 11:38 | 子育て

続く・・・高熱。

金曜も土曜も日曜も引き続き高熱です。

本当に熱だけで、他はいたって普通。
まずい物は食べないけど、おいしいものなら ガッツリ 食べれます。(笑)

f0062870_10244789.jpg




困ったのは、やはり高熱
熱で脳みそがふやけちゃったのか 「音が変な風に聞こえる~。」 「変な音が鳴ってる~」 と言っています。

そういえば私が子供の時も、高熱が出た日はそんなことがあったのを思い出しました。





そんな中、一番困ったのが寝言。
うなされているのか、一晩中、何かしゃべっています。

しかも、すべて 英語 です!

そして、時々、叫びます!

驚いて、「どうした!? ナンテイッタノ?」 と聞くと、 「・・・。 なんでもない。」 と寂しい事を言います。


              寝言を辞書片手に対応しているお母さんです!(涙)








4日目の夜は・・・
         タガログ語の寝言も加わりました!(笑)
[PR]
by juntobaguio | 2009-06-26 10:25 | 子育て

急な発熱!

先週の木曜日の深夜。
息子、突然の発熱!

翌朝、体温を測ると38.5度。
学校はお休みして、病院へ直行です。

英語学校に住んでいますので、伝染病にかかっていたら大変です。
豚インフルエンザで騒がれている時期ですので、念には念を入れておきます。




近所の病院に電話連絡。
ドクターがいることを確認して、病院へレッツゴー!
(病院にドクターがいることを確認するところが、フィリピンらしいですネ)

受付で体温計を借りて、只今、測定中です。
f0062870_19204746.jpg


ドクターの部屋に入って、診察中。
f0062870_19241839.jpg


今日は熱の薬を処方してもらいました。
診断書も書いてもらい、ドクターに診察代の200ペソ支払います。(薬代は別)


そうなんです。
実は診断書が必要なんです。
病気で小学校を休んだ場合、この診断書を学校に提出しなくてはいけないんです。

チョット メンドクサイ デス・・・
[PR]
by juntobaguio | 2009-06-25 19:27 | 子育て
10月19日
今日は佐世さんの誕生日。
私といえば、昼から絶不調!上から下から出す物出し切ってます。
夕方には体力が無くなりフラフラ~。

昨日の生牡蠣が悪かったのか?それともお昼の小魚の酢漬けが悪かったのか?原因は分からない。そして、なぜ私だけ?

しかし、淳の誕生日といい、佐世さんの誕生日といい、なぜか私は身近な人の誕生日に恐ろしく体調不良になる運命らしい。

さらに、写真を撮ろうと思ったらカメラが壊れていた。

これぞ、ことわざそのまんま!「泣きっ面に蜂」「踏んだり蹴ったり」「弱り目に祟り目」「一難去ってまた一難」か・・・
[PR]
by juntobaguio | 2006-10-22 01:34 | 海外生活
国民健康保険が海外で受けた治療にも対応するようになったため、今までかかった病院に診断書を書いてもらう必要がある。

早速、1件目の個人病院に行くとあっさり終わった。

f0062870_5423414.jpg
2件目の付属病院も時間がかかると思っていたが、ドクターにばったり会いスムーズに終えることが出来た。

このドクターは診断をするだけ →

で、実際の治療は病棟のドクターやナースがします。


ここで聞いたのだが、実は私の入院費に最終日の薬代が入っていなかったことが判明したが、既に私は支払いを終え退院してしまったので、その薬代はミスをしたナースが被る事になったと言う。

なんで? 私の治療費なのに?

私の連絡先は知っているはずなのだから、連絡をして追加の分を請求すればいいのにと思った。
と言うことは、今日来た私は 「飛んで火に入る夏の虫」 か?

ドクターのホッとした顔をみると 「まあいいか、支払ってやるか」 と思える。

支払いのためにドクターと会計室の中 (窓口ではなく、なぜか中) まで入って行き、そこで請求書を見せてもらうと1732ペソ。
この金額じゃあミスしたナースはかなりの痛手だっただろう。
f0062870_545868.jpg
              ↑ 窓口には支払いをする人が・・・
[PR]
by juntobaguio | 2006-09-17 19:18 | 海外生活
9月10日
やっと退院することが出来た。
診断は 「SINUSITIS」(サイノサイティス) 日本語だと 「副鼻腔炎」

日本で聞きなれないこの病気は、慢性化すると「蓄膿症」と呼ばれています。日本の医療では副鼻腔炎になる前にきちんと治療してもらえるのでかかることは少ないでしょう。
しかし、フィリピンでもアメリカでもメジャーな病気のようです。

原因は2回のインフルエンザで抵抗力が落ちているところに、過剰なアルコールの摂取(これは関係ないと思いたいが、ドクターはそのせいもあると言った)のため、副鼻腔(鼻周囲の頭蓋骨内にある空洞)が炎症し、菌に感染したそうです。

風邪を引いた後、鼻詰まりや微熱、首・頬・目の痛み、咳が続く場合はこの病気の可能性が高いそうですが、典型的な症状がない事も多く、診断が難しいそうです。レントゲンやCTで副鼻腔を調べると分かるようです。

私の場合、上記の症状がきっちり出ていましたので、2回目のインフルエンザが実はインフルエンザでなく、この副鼻腔炎ではなかったのかと自分で診断しております。(あの、ヤブ医者め!)

フィリピンではインフルエンザの検査はなく、ドクターの判断だけで勝手にインフルエンザと決めてしまいます。

とりあえず、これ以上酷くなると困るので、しばらく禁酒です。

3泊4日で、しめて19000ペソ。 薬も合わせて20700ペソ
鼻血が出そうだった。

退院後、すぐに淳を迎えに行った。
桜子さんに淳を預かってもらっていた。
桜子さんの家なので特に心配はしていなかったが、やはり寂しかったようだ。よく頑張ったね。

病院で私のご飯を食べている淳
f0062870_5515086.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2006-09-17 18:44 | 海外生活
           「関係ない来訪者」

私が入った病室は個室
大部屋でも良かったが、やはり外国人ということで個室にした。
個室ということは、この部屋に入ってくる人は私の関係者のはずだが・・・



●団体で押し寄せる看護学生たち。

突然5~6人のグループでぞろぞろ入ってきて、何をするでもなく、時たま点滴を見る振りをして、またぞろぞろ出て行く。

お前らは何しに来たんだよ!

そして深夜にもかかわらず、ナースステーションには10人以上の学生がいつもいる。
f0062870_553598.jpg


●なんだかよく分からない白人 (おそらく病院内にある教会の神父さまらしい)

   ↓ 病院内に教会が入っている!
f0062870_5565426.jpg

 神様! 今の私の願いはただ一つ!

    ここのドクターとナースの技術向上!


●ドライマンゴー売り

なぜ病院でドライマンゴー?

外国人は、病人でも観光客扱いなのか?

よく分からないが、私も寝起きだったので「前に100袋買ったからいらんわ」 と言うと、あっさり引き下がって行った。なんなんだ?



ちなみにお見舞い客は、個室の場合は朝9時から夜9時まで
大部屋の場合は朝10時から11時半と昼4時から6時まで

しかし、守っている奴は誰もいない。(笑)

それどころか病人のベットで一緒に寝て、泊まっている人もいる。それも一人や二人ではない。24時間電気つけっぱなしでワイワイ話している。  ・・・個室にしておいて良かった。



日本ではお見舞いに来てそれほど長居はしないが、フィリピンでは「いつ帰るの?今何してるの?」と思うくらい長居をする。 私のところにも、来ました(笑) 会社関係者の皆様。

                正直、こいつら早く帰って欲しいんだけど ↓
f0062870_605635.jpg

挙句、一人で病室にいると
「あら~、今日は誰もいないの?誰か来るの?いつ来るの?」とナースがしつこく聞く。

放っておいてくれ!一人になりたいんだよ!個室で一人じゃ悪いのか!
そんな気持ちは、おそらくこの人々には理解できないのだろう。
[PR]
by juntobaguio | 2006-09-14 11:11 | 海外生活