blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:子育て ( 342 ) タグの人気記事

息子が通うのはカソリックの学校。
外国人ということで、息子は洗礼を受けていなくても学校に入学することが出来ました。

とは言うものの、授業ではキリスト教の勉強をしますし、音楽では聖歌を歌います。
もちろん、日曜日には教会へ!
出席のサインを貰う為だけに、頑張って通っております。
(子どもの時にお菓子が欲しくて通った日曜学校のような感じです。)





さて、とある日…
「音楽の先生から聖歌隊に入らないかと誘われた…。」 と息子からの告白。

しかも、ソプラノ…

それって、いわゆる男の子が声変わりするまでの一時しか聞くことが出来ない

                032.gif 「天使の歌声」 032.gif って奴ですか?







・・・そんな訳で、仏教徒の息子ですが、毎週水曜日の学校で行われるミサで何曲も聖歌を歌っております。

f0062870_10102050.jpg

信じられずに学校に見に行ったら、本格的なミサで逃げ帰って来てしまいました!(笑)
[PR]
by juntobaguio | 2009-10-01 10:12 | インターナショナルスクール

ああああああああ!

苦笑いです!

痛いんだか、気持良いんだか分からなくて、笑うしかないんです。

f0062870_1257440.jpg






なぜなら、これ!

             気持ちえぇぇぇぇぇぇぇ!

f0062870_12572724.jpg





ある日の一コマでした。

f0062870_12574943.jpg

今日も私たちは元気です!
[PR]
by juntobaguio | 2009-09-30 12:58 | 子育て

3連休のヴァカンス

月曜日がラマダン明けの休日となったフィリピン。
バギオの友人からパーティーのお誘いがありました。
私は日曜に仕事があったので一度はお断りしたのですが、「息子が絶対行きたい!」ということで急遽参加しました。

バギオからは友人家族と日本人家族が
マニラからは友人が(仕事が忙しくキャンセル)
そして、タルラックからは私たちが・・・



土曜日
5:00AMタルラックからバスに乗って、目的地に向けて出発!
9:30AMには目的地に到着!


お久しぶりです、桜子さん!
9月の週末は毎週一緒に飲んだくれておりますね!
来週も一緒に飲むのでしょうか?(笑)




新鮮なお魚や海老、蟹、貝がどっさりの朝ご飯を食べたら、息子は海へ一直線!

f0062870_10564661.jpg

f0062870_10581656.jpg


私はビールに一直線!
f0062870_10583654.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2009-09-23 11:01 | 海外生活

停電の遊び

フィリピンではお天気が悪くなるのと同時に停電もしくはネットがつながりにくくなる。

今日も夕方から激しい雨と雷。
そして、停電。

f0062870_14421510.jpg



いつものことだが、今日は長くなりそうな予感。

夜が来る。
暗闇が来る。
非常用のライトも電気がなくなり始め、一つ、また一つと消えていく。


                         闇は恐怖を伴う。

















怖くなり先生たちがいる部屋に行くと! 目隠し鬼!

しかも、みんな 真剣!(笑)

f0062870_14463732.jpg



私たちも交ぜてもらった。
動けない状態で、いかに触られないように交わすかがポイント!

f0062870_14461897.jpg




暗闇の中に一人いると、五感が冴え始める。

闇の中でも目が効くようになり、
鬼が立てる音に機敏に反応し、
汗臭い自分に気が付く。(今晩はお風呂に入れるのかな?それとも、暗闇水シャワーかな?)


そして、鬼が傍に来た時、恐怖と闘う。
叫びそうになりながら、自分を殺す。

f0062870_14454969.jpg








息子が鬼になった。
シーツをかぶり、部屋の配置を頭に思い浮かべながら手探りで進む。

あと1歩のところでキャッチできずに、虚しく手が空を切る。

息子は誰も捕まえられずに部屋を1周した。

そして、ふと、動きが鈍くなった。






   私は逃げるのを止め、息子に近づいて抱きしめた。
   息子も気が付いたのか、しがみつく。






息子は闇に飲まれてしまった。
ただの遊びだったはずが、闇の恐怖に飲まれてしまった。

  もしかしたら、誰もいなくなったのではないか?

恐怖のあまり、シーツを取ることもできずに立ちすくんでしまったのだ。



                      闇の恐怖に気が付いた日。
[PR]
by juntobaguio | 2009-09-21 14:49 | 海外生活

花遊び

いくつになっても楽しむことが出来る。

女の子だけの遊びではない。

花は心を豊かにしてくれる。

彼にとっては遊び道具になってしまうが、それも花は承知の上。

f0062870_11152587.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2009-09-16 11:15 | 子育て

子どもに必要な芸術


激しい雨の音の中、一人の男が踊っている
f0062870_107156.jpg



男は民族楽器に対抗するように踊り、時に協調するように踊る
f0062870_10132863.jpg



時に共演するのは人のそぶりを見せる面
f0062870_1081583.jpg



女の悲しみを見せる男
f0062870_1010561.jpg







技で音を作り出す彼ら
f0062870_1017557.jpg




それに刺激される子供たち

                     そして、彼らに挑戦を始める

f0062870_10174086.jpg



                    何かが生まれるのはこの瞬間
[PR]
by juntobaguio | 2009-09-15 10:19 | 子育て

子育てに手を抜くな!

バギオで舞人にあった。

子どもたちにパントマイムを見せる彼はどこにでもいる優しいお兄さん。
人懐っこい笑顔しか見ていない私は、彼の舞がどんなものか想像がつかない。

それを明日確かめに行く。




                  人を一面では判断してはいけない。
                  人は一面だけではない。
                  人は面を増やす為に歩き続ける。
                  新たなる面を見つけることは、自分をさらに成長させる。








彼のパントマイムを見た子供たちの顔は驚き、感動し、笑顔になる。
もっと見せてとせがむ。
そして、彼は自分の世界に子どもたちを引きこむ。
子どもは自分がその世界に入れたことに自信が生まれる。
そんな日常では体験できないことも、時には必要となる。




                  多くの感動は子供を大きく育てる。
                  親はその努力を惜しんではいけない。
                  肉体の響きを感じた時、心は大きく動き出す。


                   ゲームに子育てをさせていないか?







日時:2009年9月12日 7:00PM

場所:バギオ Vocas 5F

演出:吉田智久

ダンサー:JUN

ミュージシャン:シャント以下多数

詩朗読:レイ・バキュイリン (Raye Baquirin)

映像撮影:今泉光司(映画アボン小さい家監督)

映像撮影:キドラット・タヒミック(Kidlat Tahimik)(映像作家、映画監督、代表作:虹のアルバム)

スチール撮影:Philip from Manila




                  舞人 JUN 傾舞(kabuku mai)

f0062870_10203630.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2009-09-11 10:26 | 海外生活

息子とデート

息子の小学校でコンペティションが行われるそうで、急な休校。

平日のお休みは久しぶりなので、こんな時は息子とデートに限ります。
デートと言っても 「お互いが好きなものを食べる」 というデート。


itaさんに教えてもらった秘密のお店に向かう二人。

私はもちろん、飲みます♪

f0062870_17555434.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2009-09-08 17:56 | 子育て

鼻っ面に餌!?

鼻っ面に好物の餌をぶら下げると、一生懸命仕事や勉強をするそうですが、こちらはどうでしょうか?


          水牛の鼻っ面に息子

f0062870_13405034.jpg

息子では水牛が頑張るようには思えませんねぇ(笑)
[PR]
by juntobaguio | 2009-08-24 13:42 | 子育て

子どもの夏休み英語留学

ご存じの通り、私が住んでいるのは英語学校。
夏休みの今は、親子で留学している家族が4組おります。

子どもの年齢も様々。
下は3歳から上は11歳。 それ以上になると、お子さん一人でやってきます。

また、この子供たちがかわいいのなんの!
英語もどんどん話すようになるので、会話が出来るようになります。

なんでも韓国の場合は、学校を休んで留学していても、英語学校の証明書があれば、その期間欠席にならないそうです。便利なシステムですね。

f0062870_9235395.jpg

f0062870_9251712.jpg

f0062870_9293822.jpg

f0062870_9271852.jpg


少し長い休みが出来たら、皆さんもいかがでしょうか?

もう少し詳しく学校の様子を見たい場合は こちら をどうぞ。
[PR]
by juntobaguio | 2009-08-14 09:34 | MMBS英語学校