blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アワアワ!!! 浸水!

台風の影響がほとんどなかったタルラックですが、実は少しだけ被害がありました。

なぜか うちの事務所だけ!(笑)





3日間、雨が降り続いた朝。
いつものように息子は学校へ…

私は事務所に1歩足を踏み入れた途端 ベシャ!  ナゼ ベシャ? 




アワアワ! 事務所の床の所々に水たまり!
よぉぉく見ると、床のタイルの隙間から水が湧き出てます! ワキミズ?









・・・。


部屋に戻りましょう。


こんな日に限ってスカートを履いてしまいました。
動きやすい服にお着替えです。






ええ、これから 水かき です! 

雑巾で水を吸い取って、バケツに絞る。 の繰り返し・・・  シカシ ワキミズ








その内、学校に行ったはずの息子が帰ってきました。
「おか~さ~ん、今日、シグナル1で学校ないいって!」 台風来てたのカヨ! シッパイ!

フィリピンでは天気予報でシグナルが出ると、学校がお休みになります。






ということは、息子も水かき参加決定!

雑巾では面倒臭いのでチリ取りの出番です!

f0062870_22162936.jpg

f0062870_22172899.jpg


【教訓】 チリ取りとゴミ箱は水かき時に便利!
[PR]
by juntobaguio | 2009-10-17 22:20 | 海外生活

泥だらけの遺体

3年前に住んでいたバギオ。
今回、上手く通り過ぎたと思った台風が、勢力を付けて戻って来てバギオを含む山岳地帯に停滞し、次々と土砂崩れを起こした週末。

f0062870_1013418.jpg


バギオへの3つの道路が全て閉鎖され、バギオは陸の孤島となってしまいました。



そして、今朝、バギオを起点として山岳地域で活動している環境NGOの代表であり、友人の反町さんからメールが来ていました。

        「志乃ちゃん、もう泥だらけの遺体は見たくないのよ…。」




隣町の災害のニュースを聞き、すぐに食糧や服・靴などの救援物資を現地に届けた反町さんが見たものは、避難所となった小学校に次々と運ばれる泥だらけの遺体。

f0062870_10291.jpg


身元が確認されると、黒板に名前が書きこまれていく。

f0062870_1005534.jpg


これが全て、映画やドラマでなく実際に目の前で起こっている事実。




おそらく、その場では気丈に振る舞って活動していた彼女が、家に戻り一人になった時、NGOの代表としてではなく、一人の人間として彼女自身の正直な気持ちを誰かに聞いて欲しくなったのだろう。

        「志乃ちゃん、もう泥だらけの遺体は見たくないのよ…。」










私に出来るのはWebから事実を伝えること。
側に行って助けることが出来ない分、ここで活動するしかない。

下記は彼女が更新しているブログと、そこに記載されていた寄付のお願いの情報です。


   フィリピンの環境NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)」


CGNでは、私たちのネットワークを通して情報を集め、今後の復旧活動に向けて、必要とされている支援をしていきたいと考えています。義捐金に加え、古着、寝具、生活用具、文具、工具、農具などの寄付を受け付けますので、よろしくお願いいたします。

●義捐金の振込先
ゆうちょ銀行振替口座
001401-51319
口座名:コーディリエラ・グリーン・ネットワーク

シティ・バンク 銀座支店
普通196-2043
口座名:ソリマチマリコ

お振込みいただいた場合は,
saliwmusic@hotmail.com 反町まで、メールにてご連絡いただけましたら幸いです。


古着、寝具、生活用品、文具、工具、農具などの送り先:
(郵便局から送付の場合)
Cordillera Green Network Inc.
P.O.BOX 540, Baguio City, 2600, Baguio City,Philippines
Tel:074-423-0839/0928-521-8124

(国際宅急便Door to Door で送付の場合)
荷物の量が多い場合は格安です。下記のHPを参照ください。
http://www.cellphone.ph/DoorToDoor/index.html
送り先:Cordillera Green Network Inc.
#14 General Lim St., Baguio City, 2600, Philippines
Tel:074-423-0839/0928-521-8124


どうぞよろしくお願いいたします。

なお、バギオに続く幹線道路の、ナギリンアン、ケノン、マルコスハイウエイはいずれも大きな土砂崩れでいまだ閉鎖。バギオではすでにガソリンスタンドではガソリンが売り切れとなり、不安を抱いた住民の米をはじめとする食べ物の買占めが始まっています。ハルセマ道路が閉鎖のため、マーケットには野菜が入荷せず、野菜の値段はあっという間に高騰しています。
野菜栽培を生業にする人、ほとんどが日銭暮らしの小さな商売を営む人々にとっては、これからが苦難のときだと思います。
[PR]
by juntobaguio | 2009-10-12 10:02 | 海外生活

水害の地域へ

日本から荷物が2箱届きました。
それは2ヵ月前に日本から送られた女の子の靴。
マニラの大洪水にも負けず、やっとタルラックまで届いたのでした。

この時期に、この数の靴。
これはもう、台風の災害地・マニラへ持っていくのが一番でしょう!

f0062870_12172370.jpg


しかし、残念なことに、マカティの友人から頂いた洋服などは昨日配り終えたばかり…。
靴だけでは寂しいので、私と息子の洋服も少しですが出しました。



**************************************

ここで皆さんにお断り致しますが、洋服のリサイクルは私の不要な洋服をフィリピンの人に譲ることから始まりました。
そして、私の不要な服が無くなったので、こうして、皆さんに声をかけ始めたのです。

私たちは今、必要最低限の洋服しか持っておりません。
例えば、帰国する学生さんが私に洋服をくれた場合、もし、私が使うのであれば私の洋服の中からその分、譲るものの中に入れます。
新しい洋服を1枚加える時は、古い服を1枚誰かに譲るようにしています。

決して、他の方からお預かりした物だけを譲っている訳ではありませんので、ご理解頂きたいと思います。

↑ 
じゃあ、貧乏くさい格好をしているかといえば、そうではありませんョ。(笑)
気に入った洋服を大切に着ているだけです。
ちなみに息子は6年前のTシャツでもいまだに気に入って腹を出しながらも着ております。

**************************************



さて、話は反れましたが、荷物を持ってマニラの友人を訪ねました。
マニラに詳しい彼は水害にあった家族に連絡を取っておいてきれたのです。

そして、一緒にその場所に向かいました。

2週間経った今でも、道には山積みのゴミ。
これでもかなりマシになったほうだそうです。

f0062870_1316454.jpg

f0062870_13173662.jpg





目的地に着きました。

家は鉄の柵に囲まれています。
「鳥籠の中の家」そんなイメージです。

ということは、一歩外に出たらあまり安全ではない場所ということです。
その通りらしく、洪水の前は日々の泥棒対策の方が大変だったそうです。

その泥棒の侵入を防ぐ柵。
2階部分の所にゴミがくっ付いています。
浸水時、水がここまで来た証しです。

f0062870_1465139.jpg


もし、2階まで完全に浸水したら… 
危険から家を守るはずの柵が命取りになったことでしょう。




さて、少しお話しをさせて頂いて、頂いた靴と他の品を渡しました。
フィリピン人の奥様から、ご近所の皆さんに配ってもらうようにしました。

本当は一人一人に渡したいのですが、今の状況で外でそれをした場合、どんな状況になるか簡単に想像ができます。

なので、ここは現地の方にお任せするのが一番です。

一人でも多くの方に靴が届きますように…
[PR]
by juntobaguio | 2009-10-09 14:08 | リサイクル
フィリピンを襲った台風。

これはその報道写真。

                 Ondoy



あなたが今、彼らに何も出来ないことで悩まないでほしい。

この写真を見て、あなたが何かに気が付いてくれればいい。



泥の中から動かなくなった愛する人を抱き上げる悲しさに今気付けたら、あなたはきっと、そばにいる大切な人に優しくできるはず。




    生きているうちにどんなに愛しているかを相手に伝えることは、そんなに難しくないはず。


f0062870_118220.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2009-10-02 11:11 | 海外生活

フィリピンの台風

週末フィリピンを襲った台風。
私たちが住んでいるタルラックは少し強い風と雨だったので、台風をかなり甘く見ておりましたが・・・

日曜日にマニラに行く途中見たものは!



折り曲がった巨大広告塔
f0062870_1255657.jpg


川となった畑
f0062870_1274649.jpg


これでも水が引いたマニラの車道
f0062870_12101455.jpg


マニラで目にした新聞には

             船になったバス が乗ってました!
f0062870_12115036.jpg



ええ、私は無事です! ゴアンシン ヲ!
[PR]
by juntobaguio | 2009-09-28 12:15 | 海外生活
10月30日
やっぱり来た台風!朝から土砂降り!
テレビで台風のシグナルを確認しようとしたが、やってない。仕方がないのでスクールバスの運転手にテキストを打った。「今日は休みです。」の返事。
私の会社も休みが決定!思わぬ休日。

朝9時には停電。台風に停電は付き物だ。家の中でやれることがなくなった。なら、外に行こう。
f0062870_2243172.jpg
「雨の日には大掃除!」

これが我が家の家訓。
淳と二人でズボンを膝までまくり、外にあるお風呂場までの床掃除を始めた。

メイドたちは焦り始める。「お客に掃除をさせるなんて!」とオーナーに怒られるからだ。
しかし、私は何度もオーナーとメイドに言っている。
「掃除は私の趣味だから」
それでも気を使うメイドたちは一緒になって掃除を始めてしまった。
f0062870_225728.jpg

私は雨水を溜めているドラム缶の中を掃除したいと前から思っていた。

チャンス!

今日ならドラム缶の中の水を空にして中を洗っても、この雨ならすぐ溜まる。

f0062870_22699.jpgそして雨で停電になったらやることは一つ。

カードゲームだ。

今日は英語勉強中の男の子たちも暗くて勉強できないので、ひとまず休んで淳のカードゲームのお相手。
[PR]
by juntobaguio | 2006-11-02 02:30 | 子育て