blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー

<   2008年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今週は土曜日なのに学校です。

今週の月曜日、台風のシグナル3が出たため、ターラック市内の学校全てが休校になりました。
その振替が土曜日なんです。

淳は渋々しています。
「行きたくない~」
「学校休む時はエクスキューズレターを書くんだよ。ママ」

               私は書きませんよ~(笑)



そういえば、シグナルが出た月曜日。
すっかりフィリピンシステムを忘れた私は、天気が落ち着いていたので、息子を学校まで送って行きました。

いつもは 大渋滞の道が、人っ子一人いない ので、おかしいな~とは思いました。

学校に着いて気が付きましたよ!

あーーーー!台風が来ていたんだ!って!


ええ、休校ですよ。
トライシクルドライバーと大笑いです。
しかも、そのドライバーの子供たちも、もちろん学校は休み。



             ドライバーさんよぉ、その時点で、教えてくれよなぁ~。 

                    記念写真撮っちゃうぞ!(笑)

f0062870_19193616.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2008-06-29 19:14 | インターナショナルスクール

お風呂上りに きゅーー! っとやりたいでしょ?

私もそうですよ!
でもね、ここは 禁酒 なんです。
英語学校と言えども、一応、学校ですからね~。
しかも学校敷地内に住んでいますからな~。


目の前に飲むところがあるんです。
でも・・・ 外に飲みに行くのも、何かと不都合があるんですよ。

こんな時間(夜8時)ですし・・・
息子もいますし・・・
お風呂に入った後ですし・・・
蚊も多いですし・・・

でも、息子も きゅーー! っと飲みたいそうです。 コーラをね!(笑)



じゃあ、ちょっくら走って買いに行ってくるわ!
「ビールは持ち込めないから、飲んでくるね。」 と、一人で出かけた。

さあ、急いで帰らないと・・・
ということは・・・


ビールは・・・ 瓶イッキですか?


f0062870_922713.jpg

この年で瓶イッキって辛いんですけど。

お店の人も、あまりの私の早飲みに驚いてましたよ。

「1本だけちょうだい!」って言ったのに 

「もう1本飲むか?」 

なんて聞かれちゃいました。(笑)

[PR]
by juntobaguio | 2008-06-29 08:17 | 海外生活

新しいお友達


小学校に通い始めて2週間。
やっと学校にも慣れてきたようです。
学校の様子や友達の話がよく出てくるようになった。

そして、いつも小さな声になるところがある。

友達のボンがね… チョット フトッテルコ こんなことをしてくれたんだよ。
フトッテル もう一人の友達と一緒にご飯を食べたんだよ。

あなたのお友達はみんな フトッテル んだね。(笑)




                     仲良くなれて、良かったね。

f0062870_7462283.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2008-06-28 07:46 | インターナショナルスクール

学校の鞄を買い直しました。
最初に買ったのはディパック。
大量の教科書とノートを運べる、頑丈なものです。

ところが、やはり教科書は重かった!

クラスメイトのほとんどはボックスタイプ

ボックスタイプは小さい子が学校で使うものだと思っていましたが、ここではG3でもボックスタイプでした。
しかも、鞄の上に座れるようになっているんです!
息子もやっぱりこのタイプが欲しいと言い出しました。
そりゃあ、楽チンですもんね~。

しかし、買ったその日に壊れたチャックって… フィリピンらしいというか、なんていうか…
なんだか笑えてしまいます。

ディパックはしばらく出番待ちです。

f0062870_12571843.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2008-06-27 12:49 | インターナショナルスクール

タクヤキ食べたら、歯が抜けそうな息子の淳。
タクヤキって、タコが入っていないたこ焼きなんですけど… 柔らかいんですけど…

あ~、だんだんグラグラしてきています。

f0062870_1392752.jpg



韓国人学生は「ドアノブに糸をかけて、ドアを一気に開けて、抜くわ!」とアドバイス。
息子、嫌がっています。

結局、歯に糸をかけて、自分であっさり抜いてしまいました。
[PR]
by juntobaguio | 2008-06-25 13:10 | 子育て
フィリピンに週末、台風が来ておりました。

フィリピンの船が沈没して大騒ぎになっておりますが、私たちは大丈夫です。



フィリピンは危険な所! 

なんて、イメージがありますが、基本を守れば、ほとんど回避できます。


むちゃくちゃな人生の私ですが、フィリピンに滞在している限り、どんなに慣れた場所でも絶対これだけは守って生きています。

1、夜は外出しない。
  (地元フィリピン人が同行している場合は可)

2、台風の時には外に出ない。
  (キャンセルできる予定はなるべくキャンセルし、無理な行動はしない)

3、フィリピン人の注意には耳を貸す。
  (普段の話は半分以下で聞きますが、注意だけは90%信じます)


カレッサの被害には遭いましたが(笑)、命に別状ございません。
[PR]
by juntobaguio | 2008-06-24 09:30 | 海外生活

友人がお土産に買ってくれた「KAKUYAKI」

f0062870_13203027.jpg


タクヤキってなんですか?
たこ焼きの間違いだと思うんですが・・・

f0062870_13205942.jpg

タガログ語ではOとUの音が反対になるので、KUは「こ」になるので、気持ちは「たこ焼き」だったのでしょう。
先日は「SYOYO RAMEN」も見つけたので、間違いないと思います。

たこ焼きにつけるソースは、3種類のフレーバーから選ぶようです。

f0062870_1322588.jpg





食べてみると・・・
すみません。これはやっぱり「たこ焼き」ではありませんね。
タコが入ってませんから。

f0062870_13223626.jpg






    ****** ただいまフィリピン、ターラックで親子英語留学中 ******
      MMBS・英語学校駐在日記   http://www.mmbs.org/cafe.php
[PR]
by juntobaguio | 2008-06-23 13:23 | 海外生活

フィリピンの建築方法?


フィリピン式の建築方法は…


 壁を作った後、 窓の部分を打ち抜く!

f0062870_12444094.jpg

              その雑さが、よし!(笑)





    ****** ただいまフィリピン、ターラックで親子英語留学中 ******
      MMBS・英語学校駐在日記   http://www.mmbs.org/cafe.php
[PR]
by juntobaguio | 2008-06-22 12:46 | 海外生活

子供の笑顔に涙…


子供というのは、考え方を少し変えてあげれば楽になるらしい。

誰でも人前で間違えてしまうことは恥ずかしい。

息子の淳が同級生の前でタガログ語を間違えて、凹んでしまった時、

「しかたがないな。あなたは日本語を上手に話せるけど、みんなは話せないのと同じだよ。でも、英語はみんなと同じでしょ?ママなんて英語も駄目だから日本語だけよ。」

「今日なんて、ママ、こんな間違いをしちゃったわ!あはははは!」

それは淳も大笑いするくらいな英語の大間違い。


「ね、笑えちゃうでしょ。きっとあなたが間違えた時、友達は思わず笑ってしまっただけで、今のあなたと同じよ。」

しばらく考えていた息子。

          「だって、ママの間違い面白かったでしょ?」 息子に聞いてみた。






それからの淳は、毎日私に今日の間違えを教えてくれる。
お互い、涙が出るくらい笑うこともある。

本当は彼の笑いの涙の中に、恥ずかしくて悲しかった涙も混ざっていると思う。
それを思うと、私の笑いの涙の中にも、頑張っている息子の姿に胸を打たれた涙が混じってしまう。


                    見上げる空は今日も眩しい

f0062870_10581937.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2008-06-20 11:05 | 子育て

登校拒否かしら?

学校に通い始めて4日目。

初めて学校に行きたくないと言いました。
聞くと、昨日フィリピンの言葉「タガログ語」の授業で答えを間違えてしまったら、同級生に笑われたことが原因らしい。

外国で生活すれば、誰もが一度は必ず味わう嫌な経験ですが、学校で勉強しているなら、その回数は多くなるのが当たり前。

今日休むと、次に行く時がもっと嫌になるはず。
可哀そうだが、「明日で休みだから」と騙し騙し学校へ。



心配だったので、帰りは少し早目に学校に迎えに行くと、ニコニコ顔の彼。
同級生にもガンガン話しかけられていた。

聞くと、「タガログ語」の授業で100点を取ったらしい。
特に難しいテストではなかった。
アルファベットを順番に並べていくだけだったが、フィリピン人の中には100点を取れなかった子もいたらしい。
その中で日本人の淳が100点を取ったことに驚いた同級生が、思わずタガログ語で 「すごーい!」「すげー!」「淳、凄いね~!」 と褒めてくれたらしい。



その後、淳が学校に行きたくないと言ったことはない。

子供はどんなきっかけで学校を好きになるか分からない。
しかし、その逆もあるので、しっかりと子供を見ていなければいけないとつくづく思った。
f0062870_13143629.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2008-06-19 13:15 | インターナショナルスクール