blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:海外生活( 464 )

1月11日
プレスクールが終わるのが11:00なのでクウと一緒に迎えに行くことにしました。小さい子が通う学校では子供を一人で帰すことはありません。お迎えが基本です。

                        *学校の送り迎え*
f0062870_222353.jpg

私が迎えに行けない時のために学校側にクウを紹介しておかなければなりません。クウとの約束の時間はオフィスに10:45です。
・・・・・来ません。
「さすがフィリピン時間!」と思いながら一人で迎えに行きました。
結局クウが来たのは11:45。時間を1時間間違えたようです。しょうがない奴です。

昼ご飯の後、二人はいつものように公園へさっさと出かけていきました。
17:00にオフィスに戻ってきた淳に今日何をしたか聞くと、公園でテントを張る練習をしたようです。テントを張るってどういうこと?
クウに「あなたはボーイスカウトなの?」と聞くと、そうではないようす。
クウは以前、教会で子供達の面倒を見ていたので、子供が休むためにテントを張るのは彼にとって普通なことで、淳にも張り方を教えてあげたようでした。
[PR]
by juntobaguio | 2006-02-13 11:45 | 海外生活
1月9日
午前中は学校探し
淳は小学1年生ですが、いきなり小学校の授業は大変と思い、とりあえずプレエレメンタリーを考えました。子供の中で遊んだほうが早く会話に慣れるかもしれないので半日だけ預かってくれるところを探しました。

午後からはシッターさんが来ます。淳の年齢や運動量、会話を考えて25歳の男の子にしました。
1時に私のオフィスに来てもらいました。急に二人きりにするのは心配なので、二人が慣れるのと、どのように接するのかをみるために1時間ほど三人で公園に行き遊びました。かなりシャイ?な淳は遊んでいても一言も話しません。シッターのクウからも「聞いていたけど本当に無口ですね。」といわれるくらいです。
f0062870_22134031.jpg

私がいると淳もクウも私を頼って話すので、二人きりにしてオフィスに戻りました。
2時間後、私のオフィスに戻ってきた二人はかなり仲良くなっていました。会話も淳の日本語とクウの英語で成り立っています。クウが「淳はかなりおしゃべりですね。」といってきました。
・・・そうみたいね。ねぇ淳、あなたシャイじゃなかったの?
[PR]
by juntobaguio | 2006-02-10 11:41 | 海外生活
1月4日
フィリピンに到着。これから1年間この国で親子の暮らしが始まる。淳はまだこの状況をよく把握していない。すまないが自分の力でがんばってほしい。



1月5日
大使館に行き、在留届を出す。手続きは簡単すぎてあっけない。
横で長々待たされているフィリピン人を尻目に横入りで手続き終了。
滞在地バギオに向けて出発。で休み休みで6時間運転手付きレンタカーの料金5600ペソ

f0062870_15315551.jpgちなみにマニラからバギオまでの国内線所要時間45分で約3300ペソ
搭乗時間は離陸10分前。せっかちなあなたにはおすすめ。

HS先に到着したのは夕方。本当ならきちんと挨拶をして、いっしょに夕飯を食べたほうが良いのだが、疲れに疲れていたので先に休ませてもらった。



1月6日
HS先のお母さんの結婚60周年記念私達のウェルカムパーティーが開かれた。
親族一同が後から後から集まってきて大パーティーになった。大人だけでなく(かなり野性的な?)子どもたちも盛りだくさん来ている。
f0062870_229406.jpg
子供同士に言葉はいらない。始めは隠れていた息子の淳も子供のはしゃぎ声が気になりだして、気が付けばゲームに参加していた。君はシャイじゃなかったのか?
私達のHS先にもう一人日本人がやってきた。ここは日本人専用のHSなのか?



1月8日
ドライブに行く。近くに乗馬できるところがあり、そのうちの一つを日本人が経営していた。
淳は近くで見る馬に興味深々。
「乗ってみたい。」ということでお願いした。

ところが、初めての乗馬でいきなり山の中を歩く1時間コースを淳は選択した。私はてっきりパーク内を乗るのかと思っていた。
「なにっ!?英語もタガログ語も分からず、おまけに乗馬は初めてなのにいいのか、淳。」親の心配はまったく考えていないようだ。しかし、そこは日本人が経営しているので安心できた。こちらの心配事を馬を引くポニーボーイに流暢なタガログ語で伝えてくれていた。

HS先に戻ると今度は子供の誕生日パーティーが開催中。またもや子供が溢れるほど来ていた。

そして淳はあっという間になじんでいた。ねぇ、お母さんあなたのことHS先にシャイって話したのに、その対応力はどこにあったの?
[PR]
by juntobaguio | 2006-02-07 13:14 | 海外生活

自己紹介

2006年1月。親子二人フィリピンのバギオに来てしまいました。
私は知り合いの会社の手伝い、息子の淳は私に無理矢理連れて来られたといっても、うそではない。

これから始まる淳と私の1年間のバギオ生活を皆様にご案内致します。
どこまで成長出来るかお付き合いお願い致します。

               *初めての乗馬。緊張してます。*
f0062870_2255395.jpg

[PR]
by juntobaguio | 2006-02-06 12:30 | 海外生活