blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フィリピンで時間厳守は難しい?

1月12日
今日こそはクウと一緒に淳の迎えに行こうと、オフィスでクウを待っていましたが来ません。昨日あれだけ確認したのに・・・しょうがなく一人で迎えに行きました。

学校の入り口には門があり、門の中に子供達が待機しています。迎えが来ると先生や警備の人達が子供を呼び引き渡してくれます。迎えの時間には門の外にたくさんのシッターが待機しています。親とシッターの割合は3:7くらいです。

学校の門の向こうに淳がクラスの友達と向かい合って何か話しています。まだ英語も話せないはずなのに、いったい何語で話しているんでしょうか?先生が私に気がついて「ジュン、お母さん来たわよ~」と、淳を呼んで連れて来てくれました。

淳は合うなり開口一番「クウは今日も来なかったの?」と笑っています。

f0062870_22411078.jpgオフィスに向かって歩いているとクウからメールが着ました。
「後5分でオフィスに着きます。」
思わず私も笑ってしまいました。
    「遅い!」
返事を打ちました。

←この笑顔にだまされる

オフィスではクウが汗をかいて待っていました。
どうやら昨日と同様に1時間間違えたようです。

「こいつ、ひょっとしてアホかも?」
心の中で思いながら、クウの満面の笑顔に許しましたが
「今日の帰りはあなたの腕にマジックで時間を書いてあげるよ」と言っときました。

午後はジプニーに乗って隣町の大きな図書館に行くようです。ジプニー代とおやつ代を渡しました。
             
そういえば、学校に授業料をまだ払っていません。紹介してくれた人に「いつ払えばいいの?」と聞いても「まだ大丈夫!」との返事。大丈夫とかの問題じゃないのに・・・でも、学校は今日で二日も無料で子供を受け入れてくれています。書類も一切書いていません。几帳面な日本人魂が悲鳴を上げ始めました。明日の朝、学校に聞いてみよう。
[PR]
by juntobaguio | 2006-02-13 11:47 | 海外生活