blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フィリピン式ボーリング

12月27日
フィリピンにもボーリングがある。
そんなに得意なほうではないが行ってみた。

まず見ていただきたいのが↓下の写真。設備は古いがいたって普通のボーリング場である。
f0062870_7431172.jpg


もちろん、スコアは自分が記入するタイプだ。

始めようと思ったが、ボールがない?
周りに置いていない?

そのうち、ここのおじさんが笛を吹き出した。体育の授業で使うおなじみの笛だ。
すると、その笛の合図で若い男の子が何処からか現れた。
f0062870_842332.jpg
男の子はレーンに沿ってピンの方へ歩いて行って、突然

ガバッ!

と、壁を持ち上げ、裏に入って行った。
f0062870_8223812.jpg

すると、レーンとレーンの間にあった溝を通って、向こうからボールが転がってきました。


f0062870_865438.jpg遠近法でボールが小さく見えているのかと思ったら、本当にボールが小さかった

しかも、指を入れる穴がない。
少し大きめのソフトボールのようだ。
しかし、ボールは石で出来ているかのように硬くて重い。

投げるのは至難の業だ。

ゲーム方法はボールを3回投げて良いそうだ。
3回投げたがガーターの連続
すべるためにコントロールが効かない。

ボールはさっきと同じように、向こう側から溝を転がってきた。
向こう側に入っているお兄さんが溝にボールを入れて、返してくれる仕組みだ。

f0062870_8104131.jpg
と、いうことは・・・
ビンゴ!
ピンを倒した時は、お兄さんが自ら立ててくれた

さすが、フィリピン!マンパワーです。
お兄さんたちのことを「ピンボーイ」と呼ぶそうです。


ゲームが終了すると、ピンボーイたちは向こう側から出てきました。
チップを渡してあげます。

f0062870_8123054.jpg

淳、これが本当のボーリングではないよ。
  
世界にはいろいろなタイプのボーリングがある。

日本に帰ったら、日本式のボーリングをやってみよう。
きっと驚くはずだ。
ママが今日、驚いたと同じように・・・
[PR]
by juntobaguio | 2006-12-29 08:01 | 海外生活