blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

海外治療に対応する国民健康保険

国民健康保険が海外で受けた治療にも対応するようになったため、今までかかった病院に診断書を書いてもらう必要がある。

早速、1件目の個人病院に行くとあっさり終わった。

f0062870_5423414.jpg
2件目の付属病院も時間がかかると思っていたが、ドクターにばったり会いスムーズに終えることが出来た。

このドクターは診断をするだけ →

で、実際の治療は病棟のドクターやナースがします。


ここで聞いたのだが、実は私の入院費に最終日の薬代が入っていなかったことが判明したが、既に私は支払いを終え退院してしまったので、その薬代はミスをしたナースが被る事になったと言う。

なんで? 私の治療費なのに?

私の連絡先は知っているはずなのだから、連絡をして追加の分を請求すればいいのにと思った。
と言うことは、今日来た私は 「飛んで火に入る夏の虫」 か?

ドクターのホッとした顔をみると 「まあいいか、支払ってやるか」 と思える。

支払いのためにドクターと会計室の中 (窓口ではなく、なぜか中) まで入って行き、そこで請求書を見せてもらうと1732ペソ。
この金額じゃあミスしたナースはかなりの痛手だっただろう。
f0062870_545868.jpg
              ↑ 窓口には支払いをする人が・・・
[PR]
by juntobaguio | 2006-09-17 19:18 | 海外生活