blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

場末の飲み屋、初体験

9月4日
今日は本当に帰る日になった。
子供たちと一緒に市場に行き、お土産や昼ご飯の買い物をして戻った。
昼ご飯の後、もう一度市場に行くというのでついていくと、市場の横にある薄暗い建物の中に入っていった。

そこは俗に言う場末の飲み屋街だった。通りに女の子たちが椅子に座って客引きをしている。女でしかも外国人の私たちはかなり異色で目立っている。
ここには泊まった家の下に住んでいた女の人も働いているというが、その彼女が見あたらない。
しかたがないので入り口に近いお店に入って飲むことにした。中には男の二人組が既にいたが、私たちの顔を見るなり、そそくさといなくなってしまった。

f0062870_8541389.jpg店の中には小さな4人掛けのテーブルが五つほどある。ヒラヒラしたショッキングピンクのカーテンが怪しい雰囲気をだしている。
とりあえずビールを頼むと、どこからともなくおつまみ売りの小さな男の子が店の中に入ってきた。揚げピーナッツとチチャロン(豚の皮を油で揚げたもの)を買い、飲み始めた。

店の女の子はどうしていいのか分からずに、離れたテーブルに座って見ている。「こっちに来て好きなものを飲みなよ!」そう声を掛けると恐る恐るビールを持って、近付いてきた。
よくよく見ると、女の子たちの服装はTシャツにジーパンで、店の雰囲気とは合わないくらい健全だ。
ちなみにここの建物に入っている店は、全て夜の8時に閉まるらしい。どうりで昼過ぎでもビールが飲めるはずだよ。

f0062870_8552775.jpg「カラオケでも歌ってみるか・・・」
何曲か歌ってるうちに、女の子たちも楽しくなってきたのか歌に合わせて踊りだした。楽しい雰囲気が周りにも伝わったのか、向かいの店の女の子たちも遊びに来た。男の子も一人来た。なかなかの美男子だったがオカマであることが彼のしぐさで判明!そんなことはどうでもいいか!

人が次から次と店の中を覘きに来る。そりゃ真昼間から外国人の女が、ビール片手にカラオケを歌って踊っていれば珍しいだろう。
ダウン症の男の子も混じって踊っている。楽しそうだ。
しかし、楽しむ換わりに店の女の子に言われてごみを捨てに行ったりと、きちんと仕事もしている。

f0062870_856812.jpgトイレに行きたくなったので聞くと、店の奥にあるという。カーテンを開けるとそこにはバケツが一つ置いてあった。
もう一度戻り、カラオケがガンガンかかっている中、大声で「あのバケツにするの?」と聞くと、店の女の子は笑いながら頷いている。「ティッシュもあそこに捨てていいの?」オカマも笑いながら頷いている。するしかないよな!

よく見ると、バケツの奥にガスボンベとフライパンが置いてあった。
  まさかここで料理するのか・・・
[PR]
by juntobaguio | 2006-09-13 08:59 | フィリピン観光