blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

学期末の1週間

f0062870_13212019.jpg6月19日
学校の通常授業は終わり、テスト週間が始まった。自分のテストの時間だけ登校すればよい。
しかし、淳は午前中の2時間だけ英語のスペシャルクラスが1週間ある。
スクールバスは先週で終わりになったので、今日からは私が送り迎えをすることになる。ジプニーに乗り、途中で降りた後は学校まで歩く。久しぶりの淳との登校だ。歌を歌ったり、単語の綴りを言ったりと楽しい時間が持てる。
学校に15分前に着いたが、今日テストを受ける子供達がすでに何人か集まっていた。
さすがテストではフィリピン時間は無いようだ。

知らない女の人が話し掛けてきた。「淳君のお母さんですか?」
「…そうです。」その前にあなた、誰?
答えは英語のスペシャルクラスの先生でした。「日本語が少し話せます。」という。
そういえば、淳が英語の先生は日本語がかなり話せるといってた。あ~、あなたのことでしたか…
だんなさんが以前日本で働いていたらしく、彼女の子供達はしっかりした日本語で挨拶をしてきた。
「淳はどうですか?」
聞くと、淳以外は全員韓国人のため、どうしても引っ込みじあんになってしまうという。「淳君にはシャイになるなと、いつも言っています。最初のころはこっそり日本語で『恥ずかしがっちゃダメ!』と言っていました。但し、書くことは問題ないですよ。」との返事。
少し、安心出来ました。
[PR]
by juntobaguio | 2006-06-21 18:42 | インターナショナルスクール