blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

英語のテストで初の100点

5月31日
またまた嬉しいことが起こった。
英単語の小テストで初めて100点を取ってきたのだ。
学校の宿題の中の一つに英単語の練習がある。英単語が10こ書いてあり「家で練習して来い」というものだ。
今まで私が宿題を見ていたときは、とにかくノートに単語を書かせていた。

しかし、エルビーは違う。
ノートには書かせずに単語の綴りをスペルで言わせるのだ。淳もエルビーの発音を聞いて綴りを言っている。
そういえば、子供が英単語の綴りを言う映画が、フィリピンに来る前にあった。定かではないが、確かケビン・コスナーが出ていたような気がした…?

佐世さんに話すと、
「日本は、ひらがな・カタカナでは一音一文字なので綴りを間違うことはあまり無い。漢字では同じ音で違う漢字はあるが、その漢字の部首をいうことは出来るが書き方や書き順を言うことは難しい。だから、何かに書いて覚えるというのが主流になる。けれど、英語はアルファベット26文字で単語を組み立てる。だから、単語の綴りをさらで言って覚えるという方法になるんじゃないの?」
といわれた。

そうか~。使う文字が違うと、勉強方法まで違ってくるのね。
[PR]
by juntobaguio | 2006-06-08 08:37 | インターナショナルスクール