blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

インターナショナルスクールのオリエンテーション

f0062870_94129.jpg

4月17日
淳の学校のオリエンテーションが行われる。
英語力に自信がないので、マナに一緒について行ってもらうことにした。新しい学校なので聞き逃しがあると大変だ。
学校に着くと事務所で「JUNのお母さんね。」といわれた。もう顔を覚えているのか?

オリエンテーションの部屋に案内され座って待っていると、集まった親は私以外の6組すべて韓国人だった。オリエンを行う先生もここにいる全員が韓国人だと思ったのか、注意事項がすべて韓国人向けになっていた。大して変わらないのであえて訂正はしなかった。
私の前に座っていた女性は淳とサマースクールが一緒だった子のお母さんらしく、淳を見ると私に話し掛けてきた。それがなんと日本語だった。こんなに驚いたことはない。

オリエン後は教科書と制服を買い、スクールバスの申し込みも終わりひとまず安心。学校の売店で昼食のサンプルを食べさせてもらった。

教科書は全部で7冊。
f0062870_951137.jpg

f0062870_91534100.jpgそのうち5冊が学校が今まで生徒に貸し出していた物だった。
きれいにカバーが掛けられ中は落書き一つない。
しいて言えば、表紙の裏に紙が張ってあって、「2000年から2001年はアリエル・ダレスという生徒が使った。」と書いてある。
それが毎年続き6年目の今年はディスカウントして生徒に売り出されたことになる。
なので、教科書の金額はぴったりでなく、2825,84ペソなんていう中途半端な金額になっていた。

制服はフォーマルな物と体操服あわせて1415ペソ。

スクールバスは家と学校の往復で1ヶ月1285ペソ。スクールバスのドライバーに申し込みをした時「で、迎えは何時がいい?」と聞く。何時って言われてもなぁ~。分からないよ。普通は逆じゃないのか?と思いつつ「7時半でいい?」「OK!」そんなもんなのか?ということで、毎朝7時半に家に迎えに来てくれることになった。帰りは2時に学校を出るらしい。

昼食は給食ではなく弁当か学校のランチを買うかのどちらかだ。弁当といっても子供が持って学校に行くのではなく、メイドや親が昼食の時間までに学校に持っていくらしい。もちろん私にそんな時間はない。淳に聞くと昼食のサンプルが効いたのか「学校のランチがいい!」とお互いの意見が一致した。

驚いたのはその注文方法。3種類あった。
1、前もって10枚綴りの食券を買う。1食32ペソ(少し安くなるのと、優先してランチがもらえる)
2、当日現金で払う。1食35ペソ(優先順位は食券より劣る)
3、ツケで買う。1週間ごとに請求がくる(金額は少し上乗せされ、ランチが売り切れたらもらえない時もある)
1を選んだのは言うまでもない。明日、早速食券を買おう。

家に帰ると家のオーナーが心配していた。「大丈夫だった?ちゃんと理解出来た?」正直半分しか分からなかった。そのことを告げると「大丈夫よ。あなたはすでに授業料を全額払っているから問題ないわ。」とのこと。そういう問題なのか?
[PR]
by juntobaguio | 2006-04-25 09:06 | インターナショナルスクール