blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

世界遺産・ビガンの旅②

4月14日
朝起きるとおでこが痛い。鏡を見て驚いた。鼻の上から下にかけて全体に擦り傷がついている。
思い出した。昨日の夜、みんなで食事をした後「マムズコートヤード」のプールに入った。淳は水着を持っていたが、私は持っていなかったので服のまま入った。服といっても暑かったのでノースリーブのワンピースを着ていて、泳ぐのに不自由はないものだった。何度か飛び込みをしていたが、1度プールの底に頭を打った。あれか?

ということで、今日は顔の中心、縦1直線にばんそうこうを貼る羽目になった。相変わらず自分の馬鹿さ加減には嫌気が差す。成長しろよ、私!

f0062870_17314798.jpg

朝食の後、マナは「ビガンのマーケットを見に行きたい」と言ったが、私は再度散策する気持ちはなかったのでマナと別行動をすることにした。

f0062870_17344121.jpgクウ達をピックアップするついでにもう一度プールで泳ぐことにした。

淳は大はしゃぎだ。

昨日のプールが楽しかったらしい。

二人とも私の顔を見るなり
「オー、グットネ~ス」
という。
分かっているよ。

「そんなに水が好きだったの?でも服のまま飛び込まないほうがいいよ。」
と佐世さんの忠告。
「無理です。水を見たら飛び込むんです。」
「よく分かったよ。次は飛び込まないように脇にかかえとくよ。」私は猫か犬かそれとも子供か?

しかし、すまないがそうしてくれ…これ以上、生傷はよくない。年だから治りが遅い。まして次は溺れるかもしれない。「お母さんは服のまま泳いでプールで溺れて死にました。」じゃ淳も情けない。

両方のホテルのチェックアウトを済ませ、ビガンの街に別れを告げバギオに向かって出発する。
帰りの運転は私だ。3ヶ月ぶりの運転に少しドキドキするが、左ハンドルで右側走行はそれほど難しくない。
飛ばしすぎたのか4時間でバギオに着いた。

家に帰るとみんな私の顔を見て驚いている。そりゃそうだ。顔のど真ん中にばんそうこうが貼ってある。説明するとメイドのモスが「今度はちゃんとプールに水が入っているか確認してから飛び込みなよ。」という。
水はちゃんとありました!浅かっただけです。
f0062870_17371944.jpg

           *一人、プールサイドで反省する私*
[PR]
by juntobaguio | 2006-04-20 17:40 | フィリピン観光