blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

世界遺産・ビガンの旅①

f0062870_829549.jpg
f0062870_8313624.jpg

4月13日
行きの運転は佐世さんがすることになった。地図では1本道だから間違えることはなさそうだ。途中でクウとマナを拾って出発。
ビガンまでは海沿いを走るので眺めはいい。
f0062870_17211615.jpg

あっという間にビガンに着いた。

ひとまずホテルのチェックインをするために、1度ビガンに来たことのあるマナに地図を渡してホテルまでのナビを頼むと、いきなり窓を開けそこにいた人に話しかけ始めた。「OK!」ホテルまでの道を聞いたようだ。マナの指示に従って車を移動させながら「次の目印は何?」と聞くが、「ん~、もう少し…」どうもあやしい。通りを過ぎた瞬間「ここ、戻って!」マナ、お前のナビはどうなっとんじゃい。地図を読むってことはしないのか?

とにかく無事にたどり着いた。チェックインをして、次はクウ達のホテルに向かう。これまたマナのナビはあやしい。何度か道行く人に聞きながら、道を間違えつつホテルについた。
ナビとは地図を読むことなんですが…マナさん。

f0062870_17234085.jpg
さて、ビガン市内に戻ってビガン散策をしましょう。
まったく頼りにならないマナとクウなので、彼らに頼って観光ポイントを探すのは難しそうだ。
この際「カレッサ」と呼ばれる馬車に乗って市内観光をすることに決定。

値段の交渉はマナに任せましょう。そういうところはしっかりしています。
しっかり値切って5人で1台の小さなカレッサに乗りこんだ。

観光ポイントは古い教会に陶器工場、博物館のようだ。ここまでで大した感動はない。スペインの町並みはどこにいったんだ?不機嫌な顔をしていると、マナがそれに気付き御者に何か話しかけた。御者はカレッサを急いでUターンさせ走り出した。そしてメインストリートに出た。
f0062870_1725554.jpg

ここは確かにスペインだ。そして、そのスペインの町並みの中でカレッサを走らせてくれた。気持ちがいい。

しかし、見所はここだけのような気がする。これで世界遺産なのか?
[PR]
by juntobaguio | 2006-04-20 17:26 | フィリピン観光