blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イゴロット式結婚式 3

f0062870_1665293.jpg

庭ではダンスが始まっている。
聞くと、新郎新婦は違う地域のイゴロット同士なので踊りも違うらしい。どんな違いなのかはダイアナでもわからないらしい。

新郎新婦に挨拶に行くために下りていくと、みんなに注目された。日本人はここでもめずらしいようだ。結婚式の司会をしていた人にも「日本人が来ています。」とアナウンスされてしまった。

勝手が分からないのでダイアナに付き添ってもらいながら新郎新婦とその両親に挨拶をして、握手を交わし、プレゼントを渡した。
すると、引き出物(小さな風鈴と二人の写真が貼ってあるCD)をくれ「名前を教えてくれ」という。来客者の名前を書くおばちゃんが横に座っていた。

新郎新婦にはプレゼントでなく現金でも良いらしい。新郎のお母さんの前にお金を入れる竹で編んだ蓋付きの籠が置いてあった。
f0062870_1616943.jpg
新郎新婦のお披露目式が始まった。
結婚式らしくウェディングケーキのカットが行われ、お互いに食べさせあった。

その後ブーケトスが行われた。
知らないおばちゃんに「あなたも一緒に」って、隣に淳がいるんだから私は必要ないだろう。
次に新郎新婦の両親のダンスがあり、一番の見所は新郎新婦のダンスだった。

お互いハンカチをヒラヒラさせながら踊るもので、観客から新郎新婦にお金が渡される。
ただ渡すだけではなく、どちらかの口やら耳やら襟元、新婦の髪の中などに入れ込む。
新郎新婦は相手のお金を口で取り、箱の中に入れていく。
f0062870_1694480.jpg

新郎の友人らしき人が意地悪に新郎のズボンの腰元深くにお金を入れたが、新婦は顔を赤くして手でサッと引き抜いていた。これじゃあ見世物だろう。
私も淳にお金を持たせ、新婦と新郎の口に一枚ずつ入れさせた。
f0062870_16104273.jpg

ある程度お金を渡し終えると、集まったお金を前にして年長者から新郎新婦へお祝いの言葉が述べられた。タガログ語だったので私には全く理解不能。

その後はみんなでダンスが始まった。
ダイアナから「ぜひダンスを踊ってください」とせがまれた。
「イゴロットという伝統のあるダンスに違う民族が加わってもいいのか?」と聞くと、「それがいいんです。」そういわれたら踊るしかないだろう。

立ち上がりダンスの輪に加わると歓声が興った。
カメラマンが写真を撮っている。「見せもんじゃないんだよ!」と心で叫びながら一通り踊って輪から抜けた。これでダイアナの面目も立つだろう。
友人達はダンスに引っ張り出されるのを避け逃げていた。確かに踊っているのはおじちゃんとおばちゃんばっかりだった。

暑さと人の多さで疲れたので、ダイアナに別れを告げ夕方前に帰る事にした。淳はジプニーに乗った瞬間、寝てしまった。お疲れ。
[PR]
by JUNTOBAGUIO | 2006-04-12 16:12 | 海外生活