blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イゴロット式結婚式 1

f0062870_15592178.jpg

4月6日
友人のダイアナから結婚式の案内をもらったのは1週間前だった。
当の本人はまだ独身で彼女のお姉さんが結婚するらしい。面白そうなので行くことにした。

事前に家のオーナーにどんなものなのか聞くと
「あの地域だったら肉の塊が料理で出されるはずよ。イゴロット式の結婚式なら踊りつづけるわね。」

それはすごい。確かダイアナは「結婚式は朝10時からですが、翌日の朝までやってますからいつでも来てください。」と言っていた。

彼女の家は隣町のラ・トリニダットで、場所の分からない私達のためにダイアナが迎えに来てくれ、みんなでタクシーに乗り合わせて行くことになった。
家の近くまで行くと子供達が手に食べ物の入ったビニール袋を持って歩いていた。
ダイアナが「あの子たちはみんな、私の家から帰ってきた子達です。」という。
近所の知り合いの子供かと思ったら、ダイアナは「どこの子供だか分からない。」という。
そんなことがあるのか?
f0062870_1603511.jpg
そのうち道の途中にいた男の人に車が止められ「この先には進めない」とのこと。
しょうがないので車を降りて歩いていくと、ダイアナが「あそこが私の家です。」と指差す彼女の家の前には人が溢れていた。

←そして家の前の道に行列が出来ていた。しかもその行列の最後尾は見えない。道の遠くまで続いているのは確かだ。

ダイアナ曰く、この地域のほとんどの人がご飯を食べに彼女の家に来ると言う。それじゃさっきの子供が誰だか分からないのも無理はない。


結婚式では朝・昼・夜の三食を地域の人に無料で振舞うらしい。
この結婚式の為に用意した肉は豚が15頭、牛が1頭だと言う。

全部生きているまま家に連れて来てここで絞めて料理したらしい。昨日から準備で大忙しで今日寝たのは夜中の2時で、起きたのが6時だったという。
すごすぎる。

   ・・・つづく
[PR]
by JUNTOBAGUIO | 2006-04-12 15:53 | 海外生活