blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

よくできました♪

子育ての為にフィリピンに来た志乃です。 
 
 
 
 
きっかけは息子のこんな一言。

「大丈夫だよ、ママ。お店は夜でも開いているから。」 
 
小学1年生だった息子が、寝る前に学校へ明日持ってくる物があるのを思い出し私に話し、私が「もっと早く言わなくちゃダメじゃない」と言った後の言葉でした。
 

は? 

違うだろ? 
 
確かに私達が住んでいる場所はほぼ24時間眠らない街で、買い物しようと思えばいつでも出来る場所でした。
 
で、思ったんです。
 
こんなに快適な生活の中で子供時代を過ごしたら、きっと大人になった時に困難な状況に立ち向かえないだろうと。  

 
で、フィリピ~ン! 

    Σ(゚д゚;) それは差があり過ぎじゃないか? 
 
 
 

4年間フィリピンで生活した結果。
 
先日、夜に何やら思い出したようで、連絡帳を確認していた息子。
その夜は私もピックアップの仕事があり、息子と話す時間があまり持てずに出発してしまったんです。

翌朝、まだ連絡帳がテーブルの上に出ていたので息子に聞くと、学校に持っていく物があったので私がいなくなった後にワーカーに頼んで一つは用意出来たけど、もう一つはまだ準備が出来てないとのこと。
 
何が準備できなかったのかと言うと、ペットボトルのキャップ。
10個必要なところ、まだ1個足りないと言ってきました。
どうやって集めたか聞くと・・・

夜中にゴミ箱を漁りまくった! ( ゚∀゚)アハハ

「そんなの売店のアテ・チェにお願いすれば、ペットボトルを毎日回収しているんだから簡単に集まるよ」と言うと Σ(゚д゚;) っとなり解決。
 
ですが、朝早かったのでアテ・チェ、まだ寝ておりました。(笑)

仕方がないので、私がさっきゴミ箱に捨てたペットボトルをまた拾ってきて一件落着♪ 
 
 
4年間で忘れん坊ちんなところは直っていませんが、その分、自分で対応出来るようになりました。
(もし、ペットボトル10本買うとか言ってきたら殴ったね) 
 


 
 
 
[PR]
by juntobaguio | 2011-02-08 13:37 | 子育て