blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

卒園式とお遊戯会

3月24日
f0062870_1410179.jpg朝7時50分。インターナショナルスクールについた。会場は屋外のため上にテントが張られていた。

入り口に先生が立っていて今日のプロブラムを渡していた。先生は少しおしゃれをしている。
プログラムを見るとナーサリー1・2は終業式で、プレエレメンタリーは卒園式と書いてある。私も着物を着ておしゃれをしてきて正解だった。

会場に行くと生徒も親も半分以上がまだ来ていなかった。ただいま5分前。どうなるのか?そういえばクウも来てない。
「良かったよ。あいつに期待しないで…しかし、なんで肝心な時に限って遅れるんだろう。」
その10分後、携帯にクウからメールが入った。「寝坊しました。20分後に着きます。」「OK.」と返事を返したが、思わず「アホ」とつぶやいた。


f0062870_8351983.jpg

淳はクラスメイトがいる席に走っていってしまった。
私は一人ぼっち。
隅の席を見つけてひっそりと座るが、なぜか注目されている。
そりゃそうだ。着物を着ているからだ。
校長や学校の先生方が来て
  「おめでとう~。着物きれいね~。」
  「ありがとうございます。」ぎこちない英語で返す。

あげく、まったく知らないおばちゃんたちが「あたしの親戚に日本人がいるよ。」とか「兄弟が日本に行っているよ。」とか「この子と握手してくれ。」など、よく分からない理由でひっきりなしに寄ってくる。

その度にいすから立ち上がり握手やペコペコおじぎをして愛想笑いを浮かべる日本人ははたから見ると面白い光景に映ったに違いない。

気が付くと8時半
まだ式が始まる様子はない。疲れてきた。それも人に対して。話し掛けられないように携帯電話を取り出すと、1件メッセージが来ていた。開けるとクウからで「着きました。どこにいますか?」立ち上がるとクウが私を見つけて走ってきた。照れて笑っている。
やっぱりフィリピン時間だったから、まだ始まってないよ。」というと
No goodね~」って、お前もな!

式が始まったのはそれから10分後。指定された時間からすでに40分も過ぎていました
[PR]
by juntobaguio | 2006-03-31 14:11 | インターナショナルスクール