blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日本からの荷物 ラジコン

3月15日
オフィスに日本から荷物が届いた。送り主を見ると淳を小さい時から面倒見てくれていた二人のからの荷物だった。淳を呼ぶと走ってきた。そして一人で荷物を開けるという。回りのテープをきれいにはがしている。そばにいた女の子が荷物を触ろうとすると「Don’t touch!」と怒って、荷物を他の場所に持っていってしまった。
開けた箱の中には淳への誕生日プレゼントとメッセージが入っていた。淳は大切そうにそのメッセージを私の同僚やクウに見せている。メッセージと一緒にあった写真を見せ、その二人の名前を教えている。メッセージに書かれていた自分の名前を指差し、「これは淳って書いてあるよ。」と教えている。そして、きれいに元に戻して、蓋を閉じてしまった。
「もう、家に帰りたい。」珍しくそんなことを言った。
家に帰る間、淳はその箱をずっと大切そうに抱えていた。クウが「重そうだから持つよ」と言っても、私が「持ってあげようか」と言っても、決して離さなかった。

家に着くとベットの上に荷物を広げ、なにやらブツブツ言っている。まずはお礼の手紙を書こうということになったが、書き始めても荷物が気になってなかなか集中出来ないらしい。荷物はプレゼントだけではなくいろいろ入っていた。「何か一つ食べようか?」淳と相談して「いかくん」を食べることにした。久しぶりに食べる「日本のおつまみ」は本当においしくて、淳は「おいしいね。おいしいね。」としきりに言っている。何とか手紙も書けたようだ。

f0062870_13415089.jpg

さて、肝心のプレゼントだが組立式のラジコンカーだった。それも2台。誰が作るのかな?私だよな~。私、説明書とか使用書は読まないタイプなんだよな~。
「お母さん作って!」やっぱりそうきたか。淳に箱を開けさせ、中に入っているものをすべて確認するように言った。もちろん全部あった。淳と一緒に説明書をにらみつけ、組立開始。
1時間後、何とか出来上がった。電池を入れ動かすとちゃんと動くじゃないか。「いや~良かった。」
しかし、よく見ると左右のコントロールがきいていない。淳から車を取り上げ、「これだから困るんだよな。いったい何が悪いんだ?私はちゃんと説明書通りに組み立てましたよ。」今度は私がブツブツ言う番。淳は早く動かしたくてコントローラーを離さない。試行錯誤の上、やっとこまともに動くようになった。

淳は部屋の中で動かしている。ラジコンはあっちこっちの壁に衝突している。しょうがないので「明日早起きして庭で動かそう。」というと、「じゃあ、明日3時に起こして。僕、外でラジコンやるから。」

ぼくちん、朝の3時は真っ暗ですよ。却下!
そして、もう1台は誰が作るんだ?
[PR]
by juntobaguio | 2006-03-28 14:06 | 海外生活