blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プエルト・ガレラでシュノーケリング

さて、早朝、ボートマンがホテルの部屋まで迎えに来ました。
なぜなら、泥酔して全員死んでいたから…

そういえば、こんな記憶は残っていますが、途中でフィルムが切れております。
f0062870_9125587.jpg

友人いわく 
「志乃さん、お店のダンスショーの時に知らない人に連れて行かれて、あのステージの上で踊ってましたよ。」

「・・・。」 スマヌ





私たちが飲んでいる間に十分な睡眠を確保し、深夜に起きて夜食をバッチリ食べた息子だけが行く気満々!

母親の使命を果たすべく私と、起きぬけ直後にも 020.gif な彼が息子のお供に…
他の二人はベッドに撃沈のまま手を振っていました。




イヤイヤ、ボートの揺れは二日酔いには効くネ~
f0062870_8422481.jpg


しかも、あまり天気が良くなくて、波タカァ~
f0062870_8431918.jpg


しばらくすると波も落ち着いてきて、シュノーケリングを存分に楽しめました!

     ボート代 1500ペソ
     追加ボート 500×3人=1500ペソ

初めて体験したシュノーケリング。
こんなに素晴らしい海があるのを、今まで知りませんでした!

透明度の高い海は何度も経験したことがありますが、サンゴと色とりどりの魚たちを同時に見たのは初めてです。

これは秋のドゥマゲッティは期待できそうです!






3時間のシュノーケリングを楽しんだ後は、陸に戻ってお買い物。
船が出る前の短い間も、時間を惜しんで記念写真。
f0062870_8441723.jpg



この子供たち。
船が出るまでの間、 「コインくれ~」 「コインくれ~」 と言っています。
f0062870_8515383.jpg

しかし、すごい!
何が凄いって、乗客がいじわるで海の中に投げたコインを見つけて取ってくるんです。

「拾って来たぜ!だから、また、投げて!」

これには乗客もコインをあげない訳にはいきませんね。 逞しい子供たちです。



そして、バタンガスの湊に到着。
f0062870_97854.jpg


さあ、ここから家までバスで帰りましょうネ。
家に付くまでが旅行です。
[PR]
by juntobaguio | 2009-09-08 08:54 | フィリピン観光