blogの画像・記事は全て当サイトのものであり、無断転載はお断りしております。


by juntobaguio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

洋服のリサイクル

フィリピンに住み始めて確実に変わったことが一つ。

                  「物をそう簡単には捨てない。」
 


実は私、なんでもすぐ捨てる癖があった。
とにかく物があふれるのが嫌いで、「物を捨てる日」を持っていた。

その日はなんでも気持ちよく捨てる。
未練があるものは次回まで持ち越し、それまでに使わなければ次回で捨てる。




そんな考えを変えたのが、ここ、フィリピン。
私がゴミ箱に捨てたものを大事そうに拾い、「もらってもいいか?」と聞いてきた。
それからはゴミにする前に周りの人に聞くようになった。

                      「これ、いる?」
                   「まだ何かに使える?」




日本のタンスに眠っていた洋服をフィリピンの渡航の度に運び、いろんな人にあげてきた。
会社の同僚、友人、家のお手伝いさんなどなど・・・

それと同時に私の物欲がなくなった。

古い物を人にあげて、自分は新しい物を買うかと思ったが、その逆になった。
もちろん、必要な物は買う。
ただし、本当に必要でない物は買わなくなった。




そして、人にも聞けるようになった。

                「これ、捨てるのなら貰っていい?」

自分が使うこともある。
それ以上に、他に必要とする人がいる。




地元の生活をしている人は別だが、駐在で来ている方は付き合っている方も日本人の場合が多いし、知り合いのフィリピン人はおそらく皆お金持ちだろう。
フィリピンに住んでいる日本人が、物を貰ってくれる人を探すのは大変だ。
きっと 「こんなの誰も着ないよな~」 とか 「貰っても迷惑になるだろうな~」 と考えるかもしれない。

                 そして、捨ててしまうのだろう。

    捨ててしまっても、きっと誰かが拾って再利用するだろう。 フィリピンダカラネ!




でも、もし、貰ってくれた人の顔が見えたら…
そこから何か生まれるかもしれない。



私は幸運にも多くのフィリピン人と会う機会がある。
その機会を利用して、不要になった物を必要な物に替えていきたいと思う。




最初の一歩はこちら。

段ボール一杯に届いた女の子の洋服。
二人の可愛い姉妹が残して行った洋服を、フィリピンで笑顔に替えてみたい。

f0062870_1043564.jpg



これをエコとかリサイクルとか言うかもしれないが、私にとっては人と人が繋がるきっかけだと思う。

           しかし、実は私が一番苦手とすることでもある。
[PR]
by juntobaguio | 2009-01-21 10:51 | リサイクル